放射能を含んだドリンク「Radithor」

Fallout 4のヌカワールドのクエストをやってると、無性にコーラが飲みたくなる。

 

そういえば、ヌカコーラにはラジオアイソトープが含まれている。そんな飲料が現実にあったらヤバい(ヤバい)

いやあるわけない。

 

 

 

あった。

Radithor - Wikipedia

f:id:Quebecial:20170825040653j:plain

Radioactive Water(迫真)

 

このRadithorなる放射性飲料には1本(60ml)あたり1μCiのラジウム226とメソトリウム(ラジウム228)を含む。

 

1μCiはベクレルに換算すると37kBqになる。WHOが定める平常時の水道水の基準値は10Bq/kgなので、37kBqという数字が如何にぶっ飛んでいるかが分かる。

 

ちなみに事故後の基準値は放射性核種ごとに細かく定められているので気になったらIAEAの資料を見てみよう。

 

 

で、この放射性飲料なる代物は健康ドリンクとして飲まれていた。オタク風に言えば魔剤だ。リトビネンコではない。

 

Radithorが生産されていた1910~20年代ラジウムが健康にいいと思われていた。

 

元々はガンの治療に有効だと知られていただけなのだが、いつしか拡大解釈され万能の物質として崇められた。

 

ラジウムが商品名に使われまくったりもしたとか。

 

アメ公はアトム信者だった…?

 

 

Radithorは結構売れたようだ。死人が出たのは言うまでもない。

 

大富豪のエーベン・バイヤーズは敬虔なアトム信者で、医者に勧められたことから毎日3本のRadithorを飲んでいた。

2年経って流石にヤバいと気づいたのか服用をやめたが、時既にお寿司遅し、彼はすでに2億ベクレル近いセシウムを体に入れていた。

 

歯はほとんど抜け、顎の骨は溶け切っていたとか。

 

 

1930年代に入ると、流石にラジウムはやべーやつだと認識され、放射能療法も消えていった。気づくのが遅すぎる。

 

 

余談だが、アメリカでは飲料水にラドンを添加するポッドも売られていた。放射線による健康リスクは低かったものの、ヒ素、鉛、バナジウムウランが含まれていたようだ。

 

 

お名前.comの自動更新がタチ悪い

去年お名前.comで個人ページ用にドメインを取得した。

 

ちょうどそのドメインが8月で期限になるので先月お名前.comから「1ヶ月以内に更新しないと期限切れるで」とメールが来た。

 

そのドメインは結局スクリーンネーム変えたりしたせいで使わなくなったのでそのまま破棄するつもりでいた。 

 

今はGitHub Pagesとかいう便利なおもちゃもあるし。

 

ところが期限になった今月になって「自動更新したで〜」とメールがきた。

 

はい?^^;

 

あれぇおかしいね

 

調べたらクレジットカードを登録していると自動更新が勝手に有効になるんだとか。

 

今まで使わないドメインは放置してたら勝手に破棄されていたので、そういうものだと思っていたが、クレカは違ったようだ。あのさぁ…

 

まぁ、こちらの無知と言われれば元も子もないのだが、登録時にクレカは自動更新が有効になるといった説明は一切ない。たちが悪い。

 

自分は1つしか持っていなかったので被害は少ないが、人によっては安売りで買い漁って大量にドメインを抱えていたりもするので、お名前.comを利用している人には気をつけてもらいたい。

 

ArchからKororaに乗り換えたお話

ラップトップのOSをArch Lunux(Cinnamon)からKorora(GNOME)に乗り換えた。

Archを色々弄ってるうちにごちゃごちゃしてきて面倒になってきたので、普段ならArchinstallbattleをもう一回やるだけだが、今回はちょっと趣を変えてみた。

 

Korora is 何

Kororaはオーストラリアが開発元のRedHat系のディストリビューションである。

もっと言えばFedora派生。より使いやすいFedoraを目指して開発されている。(もともとはGentooから始まったプロジェクトだが)

 

ではFedoraと何が違うかというと

 

1.名前

ネーミングは大事だ。

いくら使い勝手が良くても名前が"人の金で5000兆タイム鴎外うんこ開閉欲しい!OS"だったら誰だって嫌だ。

そういうことである。

その点Kororaは可愛らしい名前で素晴らしいと思う。

 

2.安定性

これはどちらが不安定だとかといった話ではなく、Fedoraの性格の話。

言うまでもないと思うが、そもそもFedoraは実験台のようなディストロで、積極的に最新のパッケージを導入・運用し、その成果を商用のRHELに還元するという仕組みがある。故に安定性が他に劣ってしまうのは致し方ない。

KororaはFedoraで起こった不具合を修正してからリリースされる。新しいパッケージが悪さをするリスクは低い。

  

3.リポジトリ

多分これが一番大きい。

Fedoraはフリーではないパッケージを絶対に公式リポジトリに入れない。Chrome導入するのにもまずサードパーティリポジトリを自分で登録してやらないといけない。

Kororaは違う。最初からノンフリーのパッケージもリポジトリにブチ込んでくれるので、楽。

リポの登録自体面倒というわけでもないが、楽な方が良いに決まっている。

Archを使っていた身としては、AURの偉大さを実感させられる。

  

噛み砕いて言えばDebianUbuntuの関係みたいなもの。

そんな感じ。

 

UbuntuDebianもクソと言ってやりたいが宗教戦争する気分ではないので抑えておく。

 

インストール後に導入したものとか

GNOME Shell Extension関係

1. No topleft hot corner

左上にカーソルを合わせると勝手にアクティビティ画面を出してくるアイツを殺すプラグイン

ホットコーナー考えた奴3時間くらい説教してやりたい。

 

2.Mmod menu

トップバーのサイズを気持ち大きくしてくれる。

年寄りは大変ありがたい。

 

3.TaskBar

トップバーを機能的にWindowsライクにしてくれる。

 

リポの登録が必要だったアプリケーション

Spotify, Steam

頻繁に使うから一応。Negativo17からリポ登録してインスコ

 

 

ラッキーストライク・エキスパートカットを買った

 

中の人はラキストが大好物。テロメアである。

 

IQOSを買ったにも関わらず、結局ラキストに戻ってるくらいには好物だ。

 

無論、この新銘柄が出るのも今か今かと待ち構えていた。

 

というわけで、ラッキーストライク・エキスパートカット(14mg)を買った。

f:id:Quebecial:20170808155701j:plain

画像やポップだとクソダサく見えたパッケージだが、実物は結構高級感漂ってる。

悪く言えばラキスト感がない

 

中の人は発売日にこれを買いにファミマまで行こうとしたら道中台風5号の暴風雨に見舞われ風邪を引いた。

 

「まろやかで味わい豊かなバージニア葉を使用。通常より精巧にたばこ葉を刻む、エキスパートカットを採用。」

だとか。

もう商品紹介の段階からラキスト感がない

 

 

喫味

とりあえず吸ってみた。

 

普通にうまい。ふかすと本当にまろやかで豊かな味わいとやらがする。

例えるならピースみたいな味。バージニア葉だからだろうか。

 

ただ、ラキスト感がない

今までのフルフレーバーのラキストを愛煙していた自分的にはこれをラッキーストライクと呼んでいいのか些か疑問。

 

そう、ラッキーストライクは万人受けしないちょっと特殊な煙草である。

 

あの野暮でエッジの効いた、後にしつこく残るあの味は、常人はまず好まない。だが運が悪いとラキストの女神(ブサイク)に微笑まれる。

いったいあの味は何処へ。

 

とはいえ、普通に美味しいし、これで400円というのはかなり太っ腹ではないか。

 

ルフレーバーのタール値が14mgというのが個人的にすごく有り難いので、多分ちょくちょくお世話になると思う。

 

ただ、ラキスト感はない

 

 

G2Aでアンチウイルスソフトを買ってみる

G2Aって、あるじゃないですか。

そう、あれ。ゲームのキーが安く買えるところ、鍵屋ってやつ。

 

かなりグレーで賛否両論あるが、実際多くのPCゲーマーが、お世話になっているのではないか。実際僕もそう。だって安いし。

 

実はG2A、ゲームだけでなく、アンチウイルスソフトまで売っているのだ。知ってると思うけど。(中の人は最近知った)

続きを読む

「PGP鍵を検証できませんでした」の対処法

yaourtで何かしらをインストールしようとすると「PGP鍵を検証できませんでした」とエラーが出て、インストール出来ないことがある。

 

==> gpg でソースファイルの署名を検証...
    ***** ... 失敗 (不明な公開鍵 ***************)
==> エラー: PGP 鍵を検証できませんでした!
==> エラー: Makepkg was unable to build *****.

 

こうなった場合は、まず上の(不明な公開鍵 ***************)の赤い米印の部分に公開鍵が出るので、これをコピー。

 

コピーしたら以下のコマンドを実行。赤い部分にさっきコピーした公開鍵をペースト。

 

gpg --keyserver http://pgp.mit.edu --recv-key ***************

 

「究極的に信用する鍵が見つかりません。」って怒られるけど、ちゃんと追加されているので心配なし。

これでインストールしたいソフトが入れられるようになるはず。

BF1・援護兵の装備

BF1を買って1ヶ月くらい経った。

FPS自体まともにやったことがなかったので最初はうんこだったが1ヶ月もあれば慣れるもんなんやなと実感。ほぼ援護兵一筋。

今の装備にしたらSPMがガンガン上がるようになったので備忘録がてら記しておく。

多分何の役にも立たない。

続きを読む